ピアノスタジオ、音楽教室、演奏者の派遣業務
代々木駅より徒歩3分スタジオプリヴェ

ボストン178モデルがCスタジオに入りました

営業時間/10:00~21:00 (時間外もご利用可/完全予約制)

03-5304-0466

メニュー

伊藤理恵コラム

2015年7月30日 | 伊藤理恵コラム

Vol.2 ピアノが教えてくれること

ベーゼン

 

ピアノという楽器は厄介だ。オルガンほどではないにしろ、容易に持ち運びが出来ない上、場所を取り、おまけに大音量を響かせる。およそ日本の住宅事情には似合わない。プロの演奏家でも、理想的な音響空間に良い楽器での練習環境を持つのは難しい。

私事で恐縮だが、私は演奏活動を休止した際に楽器を売却し、10年ほどの間ピアノを所有していなかった。去年まではアップライトしかなく、現在は一応小さなグランドではあるが表情に乏しく、部屋の音響も限りなく無残響に近い。ゆえに練習の多くの部分はイメージトレーニングとなる。無反応な楽器を、恐らく本番のコンサートグランドならこう鳴るであろうと、頭で想像しながら弾くわけだ。しかしこれには限界がある。練習では12色しかないのに本番では120色の絵の具を使って絵を描くような。あるいは、練習ではいつも軽自動車で、本番ではレーシングカーでサーキットを走るようなものだ。

だから、外に練習に出ることが自ずと必須になってくる。
練習のために放浪するのは色々な面でしんどいが、異なる条件の様々なピアノを弾くことは、効果的な訓練になることも確かだ。ピアノから自分の音を引き出すために。例えば公民館のくたびれたピアノや、ドラムセットのある暗いスタジオのホンキートンクなピアノでも、耳を澄ましてその音を聴き、その楽器の現状で最善の音を探す努力をすることは、決して無駄ではない。

とはいえ、そんな楽器と付き合ってばかりでは、演奏に創造的な刺激は一向に得られない。

敏感で変幻自在の音色を持つスタインウェイや、重厚でオーケストラのように響くベーゼンドルファーといった一流楽器メーカーのピアノは、手作りで個体差が激しく、調整も難しいから、必ずしも良い状態とは限らない。また気難しかったり、自分に合わない個性を持った楽器も多い。それでも、ピアノを征服しようとしてはいけない。喧嘩腰で挑めばあちらも攻撃的な音で反撃してくる。そして奏者がピアノの「声」に耳を傾けながら、楽器との共同作業をしていけば、たくさんのことに気づかされるだろう。演奏への新たなアイディアや、作曲家の意図に近づくヒント。ほんとうの音の出し方。響かせ方。歌わせ方。

これは理想の音を探っていく上でとても重要であり、またこの上なく楽しいことでもある。

優れたピアノと仲良くする機会を得るのはそう簡単ではない。でも出来るだけ多くの時間を共に過ごせば、ピアノは少しずつ、大切なことを教えてくれるだろう。

2015年4月12日 | 伊藤理恵コラム

サイズ違い

ピアノはヨーロッパで生まれ、発達した楽器だ。ゆえに、そのサイズの基準も、ヨーロッパである。親指と小指を広げて、10度すなわちドからミまで届くような人間向きに設計されている。

私は自慢ではないが手が小さい。いや、自慢できるほど小さい。間違いなく日本人の標準にも満たない。
10度どころかオクターブだけでももちろん辛いが、特に人差し指から小指の間隔が狭いので、人差し指と小指で長6度をつかむことがほぼ不可能に近い。だから短調でオクターブにはさまれた主和音が出てくると、それを一度に掴めないのである。しかも、成長期に練習をサボったために、左手は右手よりさらに小さいときている。

だから、ピアノの道に進む(などという大層な決意が、十代の自分にあったわけではないのだが)と私が言うと、当時のピアノの先生などは揃って猛反対した。そんな小さい手でピアノを弾いている人なんかいませんと。しかし根がひねくれ者の私は、そう言われるとやってみようじゃないという気になってしまい、いろいろ紆余曲折はあったものの、結局その方面に流れてきてしまった。しかも気が付いたら、熊のような手で弾くのに適しているような、ブラームスなどを好き好んで弾いているではないか。

小さい手でピアノを弾くことは、無理があり、リスクを伴う。そして、時には演奏不可能かと思うような時もある。しかし、発想を転換し、観察力を養い、そして耳を鍛えれば、不可能が可能になることがあるのだ。

そのために必要なことは、運指の工夫、左右の手を自在に組み合わせる、指のポジショニング、手の移動をスムーズにするための腕の使い方、鍵盤を見るタイミングなど物理的なことから、届かない和音の様々な演奏法、ペダリング、音色やバランスなど音楽的な構成、また故障を起こさないような練習法など、色々とある。またこのコラムでも折に触れ取り上げていきたいと思う。

普通のサイズの手を持つ人ならば難なく弾けてしまう1小節を、何とか弾きこなすべく何時間も奮闘することは、確かに辛いときもある。しかし、その1小節と長く付き合うほどに、作曲家の意図が垣間見え、作曲家とより親しくなれるであろうとも思えるのだ。

とはいえ、夢の中で良いから、10度が届く手で、ブラームスのコンツェルトなどを楽々弾くのはどんな感触なのか、一度でいいから味わってみたいとも思うのだが。

伊藤さん1